2006年01月16日

1/16 日経平均株価、午前終値は148円安の1万6306円

16日の東京株式市場は、13日の米国市場で半導体関連の銘柄が値下がりした影響を受け、ハイテク関連株を中心に値下がりしている。 午前の終値は、東証1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)が、前週末比8.36ポイント低い1673.33。 日経平均株価が同148円89銭安い1万6306円06銭。午前の出来高は、11億2000万株だった。

 午後1時では、TOPIXが同9.66ポイント低い1672.03。日経平均が同157円63銭安い1万6297円32銭。

 日米でハイテク関連企業の05年10〜12月期の決算発表が今週から始まるため、その前に利益を確定しようという売りが出ている。 また、最近の株価の急上昇に対する警戒感から、証券や保険など内需関連銘柄も売られ、日経平均は一時200円以上値下がりした。

さらに詳しい株取引テクニッ クはこちらから


posted by 損切2% at 13:43| Comment(40) | TrackBack(7) | マーケット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

消費者金融株が安い、アイフル、アコム、プロミス、武富士が値下がり率上位に――13日の最高裁判決を嫌気

消費者金融株が軒並み安。アイフル<8515.T>、アコム<8572.T>、 プロミス<8574.T>、武富士<8564.T>が東証1部値下がり率上位に名を連ねた。 アイフル子会社のシティズ(非上場)をめぐる13日の最高裁判決が嫌気されている。判決内で最高裁は、 利息制限法の上限を超す高金利の融資に関して超過金利分を認めない旨の判断を示した。
 ドイツ証券では4社のレーティング・目標株価を引き下げた。各社のレーティングと目標株価は、アイフルが「Hold」→「Sell」 で8400円→4900円、アコムが「Hold」→「Sell」で7700円→5900円、プロミスが「Hold」→「Sell」 で8200円→6300円、武富士が「Buy」→「Hold」で9000円→7200円。16日付株式朝会メモによると、今回の判決は、 消費者金融業界、商工ローン業界、信販業界、クレジットカード業界という広いサブセクターに影響を及ぼしうると指摘。その中で、 消費者金融業界については、グレーゾーン金利に基づく超過利息を日常的に得るローン事業を主力事業として展開していることから、 今後の収益性低下の可能性を否定できないとしている。

さらに詳しい株取引テクニッ クはこちらから


posted by 損切2% at 13:36| Comment(0) | TrackBack(2) | マーケット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東精密が連日の昨年来高値更新

東京精密<7729.T>が出来高を伴い3日続伸、かつ、8590円は210円高まで買われ、連日の昨年来高値更新。 半導体製造装置と計測機器が収益の2本柱で、引き続き12日の日本半導体製造装置協会が発表した05〜08年度の需要予測で、 06年度から日本製半導体製造装置の販売高が再成長に転じるとしたことが好材視されている。
 日本製半導体製造装置の販売高は05年度こそ前年度比7.9%減の見込みながら、06年度は同8.0% 増の1兆5898億円と2年ぶりにプラスに転じ、07年度は同11.4%増、08年度は同10.1%増と2ケタ成長が続く予想だ。つれて、 同社の業績も新たな拡大期入りの期待が買いの背景にある。
 同社の受注、売上高とも下期から増加に転じており、今3月期上期の前年同期比減収減益に対して、通期の連結業績は売上高890億円 (前期比5%増)、経常利益140億円(同8%増)、純利益77億円(同72%増)と増収増益基調を維持できる見通しだ。 来期も大幅続伸が多くの調査機関で有力視されている。
 上場来高値が1万6900円と天井が高く、一度動意づくと比較的値運びが軽いという同社の株価習性や、信用取組が東証信用残、 日証金とも売り長の状況にあり、13日の日証金の取組が貸し株残の増加から、貸借倍率0.40倍と、 取組妙味が一段と増幅していることも注目点。連日の昨年来高値更新から、今後は踏み上げの動きも顕在化してきそうだ。 3連騰していることから、新規投資は押し目を狙いたい。

東京精密<7729.T>

さらに詳しい株取引テクニッ クはこちらから


posted by 損切2% at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

電通が昨年来高値更新

電通<4324.T>が一時、前日比1万円高の40万5000円まで買われ、昨年来高値を更新した。同社はシェア25% の広告会社国内最大手。テレビ・ラジオ・新聞など各媒体広告の取り扱いおよびイベントコンダクターとして抜群の実績を誇る。 社名は前身の日本電報通信社に由来する。メリルリンチ日本証券は12月13日付で同社の投資判断を、強気である「買い」を継続するとともに、 目標株価を42万円に引き上げている。背景は景気の回復や、サッカーのワールドカップ開催を控えて、 07年3月期は業績の拡大が期待できること。また12月15日には、サーバーエージェントとモバイルマーケッティングの分野での提携を発表。 インターネット戦略という新たな分野での先行性もゆるぎない格好となっている。 同社株は大きなスポーツイベントが開催される年の3月にかけて高値を付けてきた歴史があり、 ワールドカップ開催の今回も似た動きを予測する向きは多い。実質上場来高値圏での上昇に加速度がつくと見る。

電通

 

さらに詳しい株取引テクニッ クはこちらから


posted by 損切2% at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。